ハックルベリーに会いに行く

〜 文具屋店員の独話 〜

花の女王「薔薇」を撮影しに『よしうみバラ公園』へ

よいうみバラ公園の薔薇

タイトル通りバラの撮影をするために、今治市吉海町(大島)にある、よしうみバラ公園へ行ってまいりました。

世界のバラが集まっていて初めて見るような種類のバラも多く、撮影しなくても楽しめるレベルでした。

特にバラには咲くタイミングも種類毎に違います。

年に一度しか咲かないものもあり一斉に咲くタイミングが5月末頃という事らしいですね。

秋にも見ごろはありますが、年一の花は咲いていないという事です。

そうは言っても撮影はするんですが、花って苦手で正面からでも横からでもなんか違うんですよね。

今回も狙っていったのは、開きすぎて中心が見えているバラは避け、外側だけ開いているバラを比較的狙っていきました。

濃い色はパキっと、薄い色はふんわりとしようかとある程度作戦を縦ながら撮影していきました。

前置きはこのくらいにしておきまして、さっそく今回撮影したバラを。

1枚目

よしうみバラ公園のばら

これは最初からこんな感じにレタッチしようと決めて撮った為、なかなかまとまりがあるかと。

後ろ側は色味的に緑色多めにしたかったので、イメージに近いような花の少ないところを選び撮影してみました。

編集の際もイメージ通りで、全体的に色はハッキリ出して、メインのバラは輪郭を出す感じで編集してみました。

ちょっとボケがきつすぎてメインのバラの右側の花びらがボケてしまったのは失敗ですかね。

2枚目

よいうみバラ公園の薔薇

これは1枚目とは逆なイメージで全体的に輪郭がボケるようなふんわりした雰囲気を出しつつ、色味はハッキリ出すようなイメージで編集しました。

彩度、光量は多めでボケている部分も色は出していこうかという感じですね。

撮影時も曇っていたので、初めから空の色は白飛びさせています。

3枚目

よいうみバラ公園の薔薇

これはイメージ的には口紅CMっぽさ。

もともとバラの花びらが厚く見える種類だったので、艶っぽくできればと考えていましたが、結果、マットな感じに仕上がってしまいました。

第二弾に続きます。