WILDSWANS OWL A5 のペンホルダーについて

f:id:Morning-Glory:20180822111805j:image

前回も書きましたが、オウルのペンホルダーにはペリカンM1000が入るという本サイトを見て安心して頼んだものの、実際には入らなかった。。。

 

 

f:id:Morning-Glory:20180822101235p:plain

いろいろと調べていると、Staff Blogにて、この記事を発見!

ペンホルダー部分について色々と試してみたのですが、サイズ的にはPELIKANでいうと800番くらいが丁度良いかも知れません。(これはノートの厚みとのバランスです。)

 1000番はペンホルダーの革を伸ばすと入ります。革は形状に合わせて伸びたり、クセが付いたりしますので、もし1000番を入れられるようでしたら1度革を伸ばす必要があります。

 

 但し初めは相当にタイトです。何度も出し入れを繰り返すと徐々に広がっていきます。最初からキツキツの太軸のペンを入れるより、少しずつ太くされたほうが、革の為にも良いかと思います。(いきなり太軸のペンを入れますと、革が切れる可能性があります。)

 

 もし革を伸ばすようでしたら、「ゆっくり気長に」をお薦めします。

f:id:Morning-Glory:20180822101725p:plain

ノートカバー・OWL-A5(オウルA5)について 2 | Blog/Staff Information|C.O.U.-WILDSWANS(ワイルドスワンズ)直営店

 

という事で地道に革を伸ばしていく事にしました。

 

ペリカンは種類によって大きさが結構違います。

 

とは言え僕はM1000とR400を所有しています。

スーベレーンで一番大きなモノと比較的小さなモノとですね。

 

実際に大きさを比較するとこんな感じです。

f:id:Morning-Glory:20180822102630j:image

 

 

革も多少伸びてきて、R400は入るようになってます。

f:id:Morning-Glory:20180822102637j:image 

一方M1000に関して言うと、まだまだ厳しいですね。

f:id:Morning-Glory:20180822102817j:image

f:id:Morning-Glory:20180822102701j:image

特にキャップ部を入れられる気がしないという。。

 

地道に。

 

また報告します。

 

それでは 今回はこれで。

今後とも『mono-log』を宜しくお願いいたします。