ハックルベリーに会いに行く

文具屋店員の独話

トラベラーズファクトリー キーリング(キーホルダー)経年変化


もしあなたがハッピーを求め ここに辿り着いたのであれば、このブログを最後まで一読して欲しい。
きっと素敵なハックルベリーに出会えるはずだから。

それでは、ブログ始めます。

traveler's factoryのキーリング

購入から おそらく1年半程になるので、久々に経年変化(エイジング)の様子を書いていこうと思います。

経年変化

革質がよいので、綺麗な飴色へと じっくり変化中です。


エイジングスピード

手持ちの革製品と経年変化を比べると、イルビゾンテ程エイジングスピードが速くなく、ワイルドスワンズよりは速いペースで変化していくイメージです。

経年変化は革製品の楽しみの一つだと思うので、スピードが速い方がすぐに日々楽しめる感じはしますね。

ただ、僕が思うに時間が掛かる方が差が出やすく愛着が湧きやすいようにも思います。

イルビゾンテの商品を悪く言うつもりはないですが、(僕も愛用してますので)経年変化の仕方は、ほぼ画像で検索した通りになります。
安定っちゃ安定のエイジングになりますね。

使う人による変化の違いのようなものを求めるならば、経年変化に時間が掛かる製品の方がより違いが出て面白いと思います。

言葉で括れば同じ飴色ですが、濃淡や艶の感じが綺麗で、無理に言い表すとすれば『使い古した』ではなく『使い込まれた』という感じでしょうか。

新品時

購入してすぐの画像も経年変化の目安に載せておきます。

比べてみる

新品と画像を並べてみるとわかりやすいですね。

輪が少し潰れてタイトになってきてます。




刻印の文字も立体的に見えるようになってきてますね。





 

それでは 今回はこれで。
今後ともブログ
『ハックルベリーに会いに行く』
を宜しくお願いいたします。