ワイルドスワンズ システム手帳 バイブル レビュー

f:id:Morning-Glory:20180710142240p:image

使い方・レビュー

先日購入したワイドスワンズのシステム手帳ですが、早速レビューをしてみます。

外観

まず外観は、これは好みの問題ですが、僕はシンプルな方が好きです。

 

頑丈に作られていることはわかりますが、角や背面の補強的な当て革は見た目的にはあまり気に入っていませんでした。

 

使っていくうちに、と言っても数日ですが、この見た目も気にならなくなったというか、いい感じに思えてきてます。

 

開き方

開き具合はと言うと180°とまではいきませんね。

当然手の力を使えば開きますが、手放しだと170°くらいでしょうか。

ダヴィンチのロロマクラシックに比べると全然開きが悪いです。

f:id:Morning-Glory:20180628163408j:image

ただ手を離すと閉じてしまうということはないのでコレも別に気になることはないですね。

 

カードポケット

後ろ側にカードポケットがあり、ワイルドスワンズのホームページでは、

対して右側に目を移しますと、大きなポケットが1室とカード段が4段あります。

こちら「カード段」と言ってはいますが、実は名刺(定型の56×91ミリ)も入りますの

で、いただいた名刺の「一時保管場所」として結構便利だったりします。

            http://cou-shop.jugem.jp/?eid=630

 

と書かれてはいますが、最初の状態ではキツすぎて入りません。。

革なので当然伸びては来るでしょうが名刺はクシャクシャになるので、初め適当なカードを入れて伸ばしていく必要はあると思います。

f:id:Morning-Glory:20180628163422j:image

とりあえず、今はタイムカード(ICカード)だけ入れて使っています。

 

煽りポケット

システム手帳だけというわけではないですが、あおりポケットが付いているというのは、僕にとっては、大事な機能です。

f:id:Morning-Glory:20180628170637j:image

あおりポケットは頻繁に使います。

 

大きなポケットはあまり使わないのですが、ある方が厚みも出て書きやすいと思います。

またリングの当たる部分の補強に関しても付いていないとオモテ面にまでリング跡が浮き出てくるので付いているにこしたことはないですね。

 

次は経年変化に関しても途中経過を書いていきたいと思います。

 

それでは、今後とも『mono-log』を宜しくお願いいたします。