ハックルベリーに会いに行く

文具屋店員の独話

トラベラーズノート パスポートサイズのシステム手帳をメモ帳として使う。

f:id:Morning-Glory:20190524133841j:image

もしあなたが情報に飢えているのであれば、このブログを最後まで一読して欲しい。

きっと素敵なハックルベリーに出会えるはず。

トラベラーズノート システム手帳化

 結構前になりますが、トラベラーズノートのパスポートサイズをミニ6のシステム手帳にカスタマイズした記事を書きましたが、ようやく本格的に使い始めたのでレビューしていきたいと思います。

 

外観はこんな感じです。

ステッカーカスタムなどはせず、結構シンプルな感じに使ってます。

f:id:Morning-Glory:20181018134000j:image

実際のところシステム手帳化とは書きましたが、手帳としては活用していません。

 

パスポートサイズの大きさを活かしてメモ帳として使っています。 

 

こうする事で、メリットもあったりします。

 

システム手帳化のメリット

これは通常のノートカバーとして使っていると、出来ない事。

 

それは書いた後にリフィルを並べ替え出来るという事。これは機能的に大きな事かと。

 

無地ページ画像を貼っていますが、たとえばこの無地のページの次のページに方眼リフィルを挟んで図を書いておくとか。

 

なんとなく取ったメモが実は重要で後々見返せるように、後ろの方に保管しておくとか。いろいろな使い方の幅が出ます。
f:id:Morning-Glory:20181015110045j:image

 

これもリフィルに関する事ですが、ペンホルダーもリフィルで完結。

 

トラベラーズノートに対しての一番の不満はここですね。

 

専用のモノも出ていて使っていましたが、

・革に挟むので跡がつく。

・使っているとズレる。

ちょっと気になります。

 

いろいろカスタムもWEB上で見かけますが、見た目があまり良くないものが多かったり、作成に技術が必要だったりします。

 

これなら挟むだけでOKという手軽さが良いです。


f:id:Morning-Glory:20181018134332j:image

 

こんな感じでメモ帳として使っているトラベラーズノートですが、また面白い使い方や経年変化を報告していこうと思います。

 

最後に、コレが重要なポイントです。

 

この手のカスタマイズに付きものなのがリング跡がついてしまう事。

 

その辺は革を切って挟み込んで完了です。

 


f:id:Morning-Glory:20181017125822j:image

f:id:Morning-Glory:20181017125824j:image


この一手間が大事。

 

トラベラーズノートに使うペンをいろいろ迷って、ウォーターマンのエキスパート エッセンシャルにしてみました。

 

1本目はブルーのエキスパートを長年愛用していましたが、気づけばなくなっていて、このペンは2本目です。

 

『エキスパート』から『エキスパート エッセンシャル』と名前も変わり、少し仕様変更があったみたいですね。

 

無くさないように あまり使っていなかったのでちょうど良い機会なので再度愛用する事にしました。

 

f:id:Morning-Glory:20181018134141j:image

まぁ良い感じですね。

f:id:Morning-Glory:20181018134159j:image

 

それでは今回はこれで。

今後とも『ハックルベリーに会いに行く』をよろしくお願いいたします。