手帳用に使ってる ペリカン スーベレーン ローラーボールペンR400にはOHTO(オート)のリフィルを入れる。

f:id:Morning-Glory:20181009165526j:image

ローラーボールペンR400

あまり使っている人を見かけませんが、個人的にコレはかなりおすすめです。

f:id:Morning-Glory:20181009165209j:image

 

おすすめの理由

やはり使えるリフィルの幅の広さです。

使えるリフィルがたくさんあります。

 

ノック式のタイプもアダプターを装備すれば、ジェットストリームなどの国産リフィルを使う事も可能ではあります。

ただ、セパレートなので仕方ないかもしれませんが、ほんの少しのガタつきというか、しなりというか、微妙な動く感じが僕は気になります。

 

 

一方こちらはと言うと、アダプターやリフィルの改造など無しで、買ってそのままポン付け可能です。


f:id:Morning-Glory:20181010010209j:image

f:id:Morning-Glory:20181010010212j:image

 

リフィルの中でもこの『OHTO C-305』コレはかなりおすすめです。

特に0.5mm芯。

 

0.5と言っても、実際にはジェットストリームなど普通の油性ボールペンの感覚だと、0.7〜1.0くらいの線のサイズ感です。


f:id:Morning-Glory:20181009165206j:image

コスト面

価格的にも300円くらいなので、ペリカン純正リフィルの半額以下でコスト面も最高に良いのですが、それ以上に書き心地が最高に良いんです。

 

現在はシステム手帳用として使ってますが、A5やB5サイズのノートなどにも、相性の良い線の太さです。

 

特にシステム手帳などに使うとなれば、外観もある程度良いモノがいいし、書きにくいものはストレスです。

見た目がペリカン、中身がオート。

これはなかなかの良いとこ取りですよ。


f:id:Morning-Glory:20181010012045j:image

f:id:Morning-Glory:20181010012039j:image

それでは 今回はこれで。

今後とも『mono-log』を宜しくお願いいたします。