イルビゾンテのミニ6システム手帳に合うボールペン

f:id:Morning-Glory:20180710151537p:image

 

多色ペン探し

イルビゾンテのシステム手帳ですが、ペンホルダーというかペン刺しが非常にタイトなわけです。

本音としては多色ペンが使いたいわけですが、サイズ的に合うモノがないんですよねー。

 

仕方なく、お気に入りの単色カランダッシュをぶっ挿していましたが、いろいろ見てたら良さそうなモノを発見。

f:id:Morning-Glory:20180507121701j:image

 

ステッドラーのアバンギャルド

画像で見るより、実寸は細い!

おそらく長さが短いので実際のサイズよりも太く見えるのだと思います。

 

さっそくカランダッシュとのサイズ比較をと思って見てみると

 

色の展開も素晴らしいですね。

好きなのは、ホワイト、シャンパンゴールドですね。

 

今回のイルビゾンテ用のペンでと考えるなら、バレンシアやアーバンブルーが手帳に合うような気もしますね。

 

 

ロットリングのフォーインワン

これも細くて良いですね。

色の展開が2色ってのが物足りないですが。

 

どちらかと言えばシルバーの方が好みですかね-。

 

ステッドラーより良い点は、重量ですね。

ステッドラーは軽すぎる的なレビューがありました。

これに関しては、僕もある程度重さがある方が書きやすいので、困ってます。

 

・ステッドラーが軽くなければ。

・ロットリングに欲しい色があれば。

 

という事で、なかなかポチれずにいるわけです。

 

と、検討してたわけですが、そういえば

LAMY2000

これがあったかと。

つくしペンケースに入れたまま放置してたわけですが、引っ張り出してきました。

サイズ感は良いですね。

 

ただ以前も書いたような気もしますが、ノック時のギシギシ感が苦手なんですよねー。

 

まぁ飽きっぽい性格なので最終的にはステッドラーもロットリングも買うんだろうけど、とりあえずどちらかを購入検討してみます。

 

個人的には、ウォーターマンやペリカンなど 何万もするモノは勢いで買えちゃいますが、このくらいの価格帯(3000〜5000円くらい)のモノが1番買いづらいですね。

 

値段の割にチャチー感じだったりするんですよね。

意外と千円代のボールペンの方がカッチリしてたり。

f:id:Morning-Glory:20180507121637j:image

手帳も、ペンも沼であることは間違いなさそうです。

 

f:id:Morning-Glory:20180711101409j:image

 

それでは、今後とも『mono-log』を宜しくお願いいたします。