ハックルベリーに会いに行く

〜 文具屋店員の独話 〜

ワイルドスワンズのパーム(チョコ)2年使った経年変化(エイジング)はユーロビンテージ?


もしあなたがハッピーを求め ここに辿り着いたのであれば、このブログを最後まで一読して欲しい。
きっと素敵なハックルベリーに出会えるはずだから。

それでは、ブログ始めます。

ワイルドスワンズ パーム
ブログ過去記事から検索すると、だいたいですが購入から2年半くらいかなと。
www.kohta-urakami.net

実際問題使った期間となれば、いろいろな財布を気分で使っているので毎日2年使ったわけではないですね。

色抜けしてきたところや、濃くなってきたところがボチボチ出てきましたね。
画像ではわかりにくいですが、濃淡が出てきましたね。


裏面の感じの方が、エイジングが気に入ってます。
全体的に紫がかった茶色って感じですかね。

かなり独特な色味に変化してきています。

ガンガン変化していくナチュラルのエイジングも良いですが、チョコや黒の微妙な変化も好きですね。

特にチョコの色が抜けていく感じはたまらないですね。

もともとはアメカジ野郎だという事もあって、ナチュラルもしくはブラック以外の中途半端なカラーを選ぶ事が信じられなかったのですが、ここ数年ヨーロッパ系の古着やアンティークなものに惹かれています。

するとですね、このチョコの色がすごくマッチするわけです。

ゴリゴリのアメカジより、ユーロ寄りの色目だと思っています。

特にエイジングしてきた風合いは、まさにアンティーク・ユーロビンテージなモノそのものって感じですね。



それでは 今回はこれで。
今後ともブログ
『ハックルベリーに会いに行く』
を宜しくお願いいたします。