ダヴィンチ ミニ6 システム手帳 1年使用後の経年変化

f:id:Morning-Glory:20190115232031j:image


f:id:Morning-Glory:20190115234213j:image

f:id:Morning-Glory:20190115234217j:image

f:id:Morning-Glory:20190115234222j:image

f:id:Morning-Glory:20190115234227p:image

もしあなたが情報に飢えているのであれば、このブログを最後まで一読して欲しい。

きっと素敵なハックルベリーに出会えるはず。

『ミニ6』1年使用 経年変化

本当に月日が経つのは早いもので、自己所有のシステム手帳では比較的 新しいと思っていた この【ダヴィンチ】ミニ6も気づけば1年経過していました。

 

f:id:Morning-Glory:20190115171107j:image

 

用途としては、主にメモ帳として使っています。

スーツの内ポケットに入るので使い勝手が良く、一時的に【アシュフォード】のM5に移ったものの、1年の内の大半は、この【ダヴィンチ】ミニ6を愛用してきました。

 

f:id:Morning-Glory:20190115171125j:image

 

ボールペンは、ミニ6本体にも、ペン差しにもサイズがちょうど良い『カランダッシュ849』の組合せがお気に入りです。

 

また革質も良くて、良い感じに経年変化してきています。


f:id:Morning-Glory:20190115171122j:image

 

特に変わった使い方もせず、ただただメモ帳としてメモを取ってきただけですが、ミニ6の中でもおそらく最小サイズの『ダヴィンチミニ6』実際『アシュフォードM5シルフ』と比較しても縦横のサイズはあまりかわりません。

 

逆に薄さは『ダヴィンチミニ6』の方が薄いため、よりポケットに入れるのに便利なサイズです。

 

また革も中芯がしっかりしていて固めなので、立った状態での筆記にも余裕ですね。

 

f:id:Morning-Glory:20190115171130p:image

 

リフィルは、メモ用紙として無地のノートと名刺を数枚ストックさせるために、クリアファイルを1枚入れているだけのシンプルな使い方で使っています。

 

まだまだメインで使っていくと思うので、経年変化の模様も引き続き書いていこうと思います。

それでは 今回はこれで。

 

今後とも『ハックルベリーに会いに行く』を宜しくお願いいたします。