愛媛キャンプあるある

f:id:Morning-Glory:20190109172140j:image

もしあなたが情報に飢えているのであれば、このブログを最後まで一読して欲しい。

きっと素敵なハックルベリーに出会えるはず。

キャンプあるある?

いきなりですが、あるあるでも何でもない話です。

何度も言うように、キャンプにハマってます。

そして、勝手に1人でキャンプすれば良いものの「人の人生を指図する」事が好きな僕はキャンプ部勧誘を根気よくやっているわけです。

 

すると、たまに頭のおかしな奴がひっかかって、参加してくるわけです。現在レギュラーメンバーが三人になりました。

 

準レギュラーのデイキャンプ組(日帰り組)も、今のところ毎回ゲストの如く、いろいろな人に登場していただき、毎回何かしらの差し入れをもらって幸せを感じています。

 

準レギュラーに関しては、おそらくレギュラーメンバーよりもキャンプが好きそうな感じなので、頭のいかれたレギュラーメンバーと、極寒の季節さえ終われば期間限定レギュラーメンバーになるのではないかと思います。

 

よく断られる理由に「キャンプは夏やろ?」と言われますが、ハッキリ言って僕らは夏キャンプはやらない方向で考えていまして。

キャンプって体験すれば分かりますが、夏は無理。

 

僕は自慢出来るほどの寒がりで、逆に暑さには強い方です。

夏は扇風機やエアコン無しで昼寝します。

 

それでも夏のテントは無理。

 

風があれば耐えれるかもしれませんが、まぁサウナですよ。

 

逆に年末にやったキャンプでは、テント内でも微妙に0℃を下回る寒さでしたが寝袋なしでもどうにか過ごせました。

一応次回に備えて、安っすい 薄っすい寝袋を購入しましたけど。

年末は丁度、寒波が来たことで12月の中でも寒かったわけです。

そういう気象の都合は置いておけば、次回のキャンプ1月中旬が1年で1番寒いキャンプになる予定です。2月キャンプも中旬なので、たぶん1月の方が暦的に寒いかと。

 

まぁただ、僕たちは愛媛県にてキャンプをしているわけでして、冬だからといって雪が積もるわけでもなく、キャンプをするまでダウンジャケット不要な生活だったわけです。

 

それがキャンプをする事で、関東くらいの寒さを体験しているわけです。

NANGAのダウンやシェラフは憧れますが「着ることもないだろうな」と思うと本当に憧れだけで毎年買わずじまいです。

テントの中で、ペラペラのシェラフがあれば余裕ですね。ルームソックス的な奴は欲しいと思ってはいますが。

 

まぁそんな感じで、冬の気候(気温)もそうだし、嫌いな虫もいないし、人も少なく静かだしと、冬のキャンプは良いこと尽くめですよ。

 

今回は、ダラダラといつもと違う感じでブログを書いていますが、言いたいことは冬でも来いよって事をよって事を いつも断る人たちに言いたかったわけです。

 

 それでは今回はこれで。

今後も「ハックルベリーに会いに行く」を宜しくお願いいたします。