ワイルドスワンズ タング ナチュラル4ヶ月使用の経年変化

f:id:Morning-Glory:20181222095103j:image

購入からもう少しで4ヶ月になろうとしていますが、経年変化の方はどうなってるのかと。

正直言うと毎日使っているので自分では なかなか変化に気づかないんです。

 

なので自分にとっての確認も兼ねて過去画像と比べてみました。

 

 

 あらためて画像にしてみると色が濃くなって多少なりエイジングしてるのがわかります。

実物は画像で見るより艶が出てはいますが、画像で見てもツヤッツヤな感じになれば、もっとかっこ良いですね。

 

ワイルドスワンズのコーティングしてあるような艶々エイジングは魅力の1つですね。

IL BISONTEなどのエイジングも好きですが、ワイルドスワンズのエイジングの方が、より味って感じです。

他のブランドのエイジングは、見る人によっては汚いと思われそうなエイジングをするモノが多いので。

f:id:Morning-Glory:20181222095107j:image


f:id:Morning-Glory:20181222110101j:image

f:id:Morning-Glory:20181222110110j:image

 

新品の時の画像も引っ張りだしてきました。↓ 

f:id:Morning-Glory:20181222100421j:image

 

 

 

簡単な画像加工で無理矢理 比較しやすくしてみました。

こう見ると結構 変化している様子が分かりますね。

f:id:Morning-Glory:20181222100430j:image

先日SLOWの財布を買った記事を書きましたが、SLOWの方はバッグに入れて一応持ち歩いてはいますが、日々の仕事中(コンビニとかランチ時)にはワイルドスワンズのタングをスーツのポケットに入れているのでタングしかほぼ使ってない状態ですね。

 

逆に、オフの日にタングは持ち歩いてないんですけどね。

 

まぁ使用頻度的には当然タングの方が使うので経年変化も早いのかなと思います。

 

数年前に広島のショップ店員に見せてもらったタングがペッタンコになってて艶のある飴色で、そのタングが放つオーラ的なものがハンパなく、格好良かった記憶があります。

 

そんな感じに育てていければ。

 

それでは 今回はこれで。

今後とも『mono-log』を宜しくお願いいたします。