ミニチュアシュナウザー去勢手術

f:id:Morning-Glory:20181128011134j:image

もしあなたが情報に飢えているのであれば、このブログを最後まで一読して欲しい。

きっと素敵なハックルベリーに出会えるはず。

去勢

先日、パン君は去勢手術しました。

同じ男として、想像するだけで○玉の縮み上がる想いではありますが、病気のリスクを減らすため心を鬼にして病院へ連れていきました。

 

病院の先生曰く、

「オスはメスより痛くないはずだけどオスの方が痛そうにするので、あまり心配しないように」と。

 

実際、あんみつちゃんの手術に比べると、切ってる部分も1/5ほど。

まぁそれでも切ってるので痛いでしょう。

 

本当に痛そうにしていて、いつもならケージを開けてやると競馬の馬くらいの勢いで飛び出してきていましたが、今回ばかりは開けても出てくる気配無し。

 

毎日毎日、痛そうにすること一週間。

抜糸して、エリザベスウェアも脱いで帰宅。

一日おとなしくさせて、翌日。

 

ケージを開けると、競馬の馬。

口があんぐりする程の暴れ馬。

 

まぁ、元気でなによりです。

一週間で500gも体重が増え、先生が驚くほどの体重の変化。食欲はそのままに、全く動かなかったので仕方ないですね。。

 

散歩も再開して、完全復活です。

 

パン君は頭がデカく痩せ型の為か、動きがコミカルでずっと子供扱いしていましたが、気づけば体高が あんみつちゃんと変わらない大きさになってます。

 

比べられる良い写真がないですが、1.5倍はデカい頭。

同じ犬種でもこんなに違うのかと、ビックリです。