ミニマリストの為の財布『WILD SWANS』の『PALM』と、『ハンモックウォレットコンパクト』を比較してみた。

f:id:Morning-Glory:20180710150514p:image

 

 ミニマリストの為の財布ですが、結論から言うと、僕の最強はワイルドスワンズパームだと思いました。

 もっと小さな財布、ハンモックウォレット コンパクトの方からレビューしていきます。

 

ミニマリストの為の財布というわけで、まずは形から。

小さい財布を使い始めてみました。  

 

小さければ小さいほど偉い!的な世間の流れを最近感じてます。
ここぞとばかりに、各種似たような財布を打ち出してきていますね。
 
そんな中、圧倒的に目を引くのがコイツです。

ハンモックウォレット コンパクトf:id:Morning-Glory:20180521115300j:image

 大きな長財布から思い切って、コンパクトな財布を普段使いにしてみた感想ですが、最低限しか持たない生活スタイルは、思っていたより はるかに良かったです。

ミニマリストであろうが、なかろうが、シンプルに使うのが1番だと思いましたね。

むしろ、今まで以上の開放感で自由を手に入れた感覚すらあったわけで。



確かに、デカい財布で いつでも全てが揃ってる方が良い場合もあるかもしれないですが、コンパクトな財布に変更して、数ヶ月 全く不自由さを感じなかったですね。

 

流行りのフレーズなので、ミニマリストとは書いてみたものの、中身を減らしたわけではありません。

別の場所に保管しておいて、必要な分だけ持ち歩くということですね。

もちろん使わないものは減らせば良いですが、カード類って意外と持っておく事が必要だったりしますよね。

僕も診察券などは、別場所にて保管って感じにしてみました。

 

このハンモックウォレットに関して言えば、
めっちゃ気に入った!っていう反面、

やっぱり気になるのが 、
  『革質』
こればかりは納得がいかない。

なぜこの革をチョイスしたのかと。

革モノが好きな人なら分かると思いますが、新品よりも使い込まれ良い感じにヨレた風合い(エイジング・経年変化)を楽しみたいものですよね。逆に新品だと少し恥ずかしいみたいな感覚ありますよね?

 

しかし、


ハンモックウォレットは新品が良い。

 

この革質だと、経年変化ではなく、経年劣化していく感じ。

使い込むほどに、かっこ良くなっていくという感じではありません。

某 ハイブランドの財布みたいな感じですね。

 

新品が1番です。

f:id:Morning-Glory:20181001003808j:image
 
小さい財布なので、ついついパンツポケットに入れっぱなしにしてしまうところですが、なるべくならバッグに入れて劣化しないように使うことを推奨したい。

ただ、ハンモックウォレットコンパクトは名前の通りコンパクトな作りは完璧です。
 
実際使ってみて、ハンモックウォレットコンパクトより便利な小さい財布は無いと思います。

小さいながらも、お札の取り出しもやりやすいし、小銭は見た目の通り使いやすいですね。
 
画像など見た事ある方なら、お気づきでしょうが、1番気になる点と言えば、使用中に小銭入れから小銭が落ちないか?という部分ですよね。
僕は買う際にコレが1番気になった部分です。
 
使い方に関しては、正直慣れだと思いますが、実際のところ使ってみて、小銭を落とした事は1度も無いです。
意外でしたが、財布ってそんなに傾けなくても使えます。
ただ確実に閉めてからでないと、次のアクションには進めません。当然ですが、うっかり開いちゃうと小銭は落ちますので。
 
一般的な財布であれば、小銭入れさえ閉めていれば、そのまま動けますよね?
(実際に二つ折りの財布だと、小銭入れ部分にしかボタンはありませんし。)
 
その辺りは、せっかちな方には向かないかもしれません。
 
それでは表題に書いたように、ミニマルウォレット対決っぽく『ワイルドスワンズ パーム』と『ハンモックウォレットコンパクト』を比較してみました。
 
・コンパクト
・使い勝手の良さ
 
コンパクトに関してはハンモックウォレットに軍配が上がると思います。
設計も良いし、見た目からもサイズが全然違います。
ハンモックウォレットコンパクのタテ×ヨコのサイズは、一般的なカードのサイズより少し大きい程度です。
 
f:id:Morning-Glory:20181001003654j:image
 
f:id:Morning-Glory:20181001003707j:image
 
使い勝手の良さでは、ワイルドスワンズのパーム・ハンモックウォレットどちらもパチパチっとボタンを外し.ガバッと開けば、カード・小銭・お札にダイレクトにアクセス出来ます。
 
すなわち2ステップ目でお札や小銭を出す事が出来るのです。
このスピード感はパーム・ハンモックどちらも同じくらいですが、見た目は全然違います。
 

f:id:Morning-Glory:20180521115434j:image

この感じです。

小銭のアクセスが断然ハンモックウォレットの方が便利に使えます。瞬時に小銭を選べるので、レジで時間を掛けず細かく出すことが可能です。

コレによって財布に残る小銭は無駄に溜まらないですね。

 

ただ、お互い2ステップ目ですべてにアクセス可能で、

「お札+小銭」だと良いのですが、

「小銭+カード」だとハンモックの方は出す際に若干不便さがあります。小銭を落とさないように意識しながらカードを出さなければならない。

 

女性の方に特に多いかと思いますが、コンビニやスーパーで ポイントカードとお札・小銭とか出すのであれば、パームの方が取り出しやすいと言うか、何も気にせず使えると思います。

 

コンパクトな財布に拘った結果

 

冒頭にも書きましたが、

ワイルドスワンズのパームの方がハンモックウォレットよりも若干使いやすいという僕の結論ですね。

 

あとは革質に関して言えば、圧倒的な差は感じます。

f:id:Morning-Glory:20181001010220j:image

いろいろな部分を検討してみたものの、おすすめするとしたら、なかなかどちらが良いかは決めがたい感じです。

 

それでも、

最強は「ワイルドスワンズパーム」と自信を持って言える部分は、

革質野良さや、見た目の高級感。

 

そして、何より

 

 

 

女受けハンパない。

 

 ってことですね。。。

 

 

それでは今回はこれで。

今後とも『mono-log』を宜しくお願いいたします。

 

www.kohta-urakami.net