ミニマリストの為の財布『WILD SWANS』の『PALM』

f:id:Morning-Glory:20180529133525p:image

 

 

 

 

まずは形からということで、小さい財布を使い始めました。

 
f:id:Morning-Glory:20180521115300j:image
 

ハンモックウォレット コンパクト

使ってみると、コレがなかなか便利。騙されたと思って1度は使って欲しい!

by カエレバ


最低限しか持たない生活も、思っていたより はるかに良いですね。

確かに、全てが揃ってる方が良い場合もあるかもしれないすでが、数か月の間に 全く不自由を感じなかったですね。

むしろ今まで以上の開放感で自由を手に入れた感覚があったわけで。

めっちゃ気に入った!って反面

 

やっぱり気になるのが 以前も言ったが
   革質
こればかりは納得がいかない。

革モノ好きな人なら分かると思うけど、新品よりも使い込まれヨレた風合い(エイジング・経年変化)を楽しみたいもの。

 

しかし、


ハンモックウォレットは新品が良い。

 

経年変化ではなく、経年劣化していく。

f:id:Morning-Glory:20180521115350j:image
 
f:id:Morning-Glory:20180521115400j:image
 
f:id:Morning-Glory:20180521115434j:image


小さい財布なので、ついついポケットに入れっぱなしにしてしまうところですが、

バッグに入れて劣化しないように使うことを推奨したい。

ただ作りは完璧です。
実際ハンモックコンパクトより便利な小さな財布は無いと思います。

コンパクトウォレットに拘った結果

 
ワイルドスワンズのパームという案を出した。



今でもきっちりした場面では、ワイルドスワンズの名刺入れを使っている。

普段はカジュアルにイルビゾンテのモノを使っているが、やはりワイルドスワンズやラストクロップスのコバ仕上げや製法など革質以外にも感心する。

財布もタング、バーン、ウイングスなど使ってきた。


はっきり言って

女受けハンパない。

 

それでは、今後とも『mono-log』を宜しくお願いいたします。