ミニマリストの為のシステム手帳 アシュフォード マイクロ5 (ミニ5) を結局購入

f:id:Morning-Glory:20180710163058p:image

 

マイクロ5購入

少し前に『ダヴィンチのミニ6とアシュフォードのマイクロ5とで迷って、ダヴィンチを買った』っていう記事を書いたんですが、結局、M5が気になって夜も8時間くらいしか眠れなくなったので、アシュフォードのマイクロ5(M5)を結局 購入してみました。
 



 
色はネイビーを買ったんですが、画像だと黒ですね。
実物は、もっと青が効いてます。
 
ありがとうカード的な手紙が付いていましたが、今回M5のネイビーを購入したから、手紙も青系の色で書いてくれたのだろうか?と。
そうだとすれば、すごく凝ったサービス。
アシュフォード恐るべし。



 
今回、購入したマイクロ5は『シルフ』というモデルですが、開いて左側に名刺を入れられるポケットがついてますので、便利ですね。
 


一応書いておきますがマイクロ5という名前の通り5穴です。
5穴のシステム手帳はあまりないですよね。
5穴=アシュフォード のイメージは強いです。
実際に手帳メーカーだと、5穴の手帳は無いような気もします。
 
『シルフ』の革質は、かなり柔らかいです。
ほんとフニャフニャです。
硬めの方が好きならちょっと違うかもしれないですね。
感じとしてはイルビゾンテとかの、あの手の柔らかい感じです。

名刺入れの部分についてですが、名刺は20枚くらいは余裕で入ります。
 
これは本当に便利です。
 
急な来客など、予期せぬ時に名刺入れを持ってなくて、手持ちの名刺が無かったり、適当に挟んでいた名刺が汚れていたり、折れていたりしていた事はないですか?
 
僕は何回かあります。
「今、名刺持ってないので」と言うのも悪いですし、汚い名刺しかないのも人間的にもそんなイメージを相手に与えてしまうかもしれません。
 
このマイクロ5を使い始めてからは、大事な場面以外ではあえて名刺入れは持ち歩いていません。
 
 
マイクロ5があれば、1つにまとめてコンパクトに収納できるので、まさしくミニマリストの為の手帳です。
 
また単純に小さい手帳が欲しいっていう方にも良いですし、ロディアなどの変わりにメモ帳をマイクロ5にするだけで印象が変わりますね。
 
小さくて、質の良い革モノも少ないので、アシュフォードのマイクロ5シリーズはおすすめです。
 
また、このくらいの落ち着いた色味だと、ビジネス用途でも大丈夫ですね。

ほぼビビットカラーの『シルフ』のなかで、唯一落ち着いた色がこのネイビーです。
ビジネス用途であればネイビーの一択かなと思います。
 
それでは、今回はこれで。
今後とも『mono-log』をよろしくお願いいたします。

www.kohta-urakami.net

 

 

www.kohta-urakami.net

 

 

www.kohta-urakami.net