ミニマリストの為のシステム手帳 アシュフォード マイクロ5 (ミニ5) を結局購入

f:id:Morning-Glory:20180710163058p:image

 

 

はじめに

日本人は小さなモノがスキ。

なぜだろうか?
昔から日本人は小さくしたがる。

ありとあらゆるものをコンパクト化してきた。
そこには職人たちの情熱なのか意地なのかわからないが、なんにせよ とてつもない技術が集約されている。

それは 小さなものを好む日本人の習性がそうさせたのかもしれない。
車1つとってみてもアメ車のように大きな車は日本車には少ない。逆にコンパクトカーが支流だったりする。
さらには、ラジコンやミニ4駆、ミニカーのようなおもちゃ1つをとってみても、リアルに再現されていたりする。


それともう一つ、日本人は収集する癖がある。
洋服1つとってみても、よそ行きと言う名目で買った高級な服。特にどこに行くとも決めてないような、よそ行きの服を何着も持っている。
洋服や靴、または道具や工具いろいろなものを、用途別に集めたがる。

最近ミニマリストと言う生き方が流行っていて、僕もその生き方に賛同し興味本位にやってみようと思った。

しかしそこには、日本人特有の収集癖が邪魔をする。
結果、ミニマリストと言うことにこだわることをやめ、普通に収集をすることにした。
そうすることで、ストレスがなくなった。

自分にはミニマリストという生活スタイルは合わなかった。
そこで、僕はマキシマリストと名乗ることにした。

今回も、ミニマリストの方々から見れば無駄の塊であるモノも、自分にとっては日常を一瞬少し明るくするモノである。

<h2>
それでは、ブログ始めます。</h2>
 

マイクロ5購入

ちょっと前の記事でダヴィンチのミニ6と迷って、ダヴィンチを買ったっていう記事を書いたんですが、気になって夜も眠れなくなったのでアシュフォードマイクロ5を購入してみました。
 



 
ネイビーを買ったんですが、画像だと黒ですね。
実物は、もっと青がきいてます。
??ネイビーだから、手紙は青系で書いてくれたのだろうか。だとすれば、凄まじいサービス。
アシュフォード恐るべし。



 
今回、購入した『シルフ』というモデルのマイクロ5ですが、開いて左側に名刺を入れられるポケットがついてますので、便利ですね。
 


革質は、かなり柔らかいです。ほんとフニャフニャです。
名刺も10枚くらいは余裕で入ります。とても便利です。

コンパクトにひとまとまりに収納できるので、まさしくミニマリストの為の手帳。

このくらいの落ち着いた色味だと、ビジネス用途でも大丈夫ですね。

ほぼビビットカラーなシルフのなかで、唯一落ち着いた色がこのネイビーです。

www.kohta-urakami.net