ダヴィンチ グランデ システム手帳 ロロマクラシック バイブルサイズ購入

f:id:Morning-Glory:20180710174430p:image

 

ロロマクラシック購入の経緯

もともとシンプルな1枚革系の革小物が好きなので、なんだかゴテゴテしたデザインの『ダヴィンチ ロロマクラシック』に対して欲しいとか 全く興味をもってなかったのですが、たまたま実物を目にする機会がありまして、実物を見てしまうと 独特のフォルムや上質なレザーが放つ圧倒的な存在感にやられて購入いたしました。
 
この手帳の見た目の良さは、画像では絶対に伝わらないなと思ってます。むしろ画像を見て良いと思うなら、実物は確実にもっとよいでしょう。
 
 






 
 

革質

日本の革、日本のタンナーで作られているらしいです。
革の品質が素晴らしい。
ただ、革製品特有の傷やトラ等の個体差はあると思うので、現物を見ることをおすすめします。
 
実際、黒か茶で迷いましたが、茶の方がキレイだったので茶を選びました。
 
 
また革製のペンホルダーもスライド式なので、サイズ調整できます。
この手のペンホルダーって最大サイズに拡げても 太めのマルチペンや万年筆が入らないモノが多いのですが、ロロマクラシックのペンホルダーに関しましては太いペンでも入ります。
コレって地味ですが、結構珍しい仕様かなと思います。これによって、かなり実用的で日本人向けのデザインだと言えますね。

手帳好きな方って、僕もそうですが万年筆や太めのペンを使われている方は多いかと思います。
細かな部分まで使い手のことを、しっかり考えてくれている感じも、さすが日本のメーカーといったところです。
 



 
 

リフィル

もとから付いているリフィルはマンスリーと、週間レフト、タスクリスト、電話帳など付いていますが、日付は打たれてないので、手書きで記入すれば すぐに使えます。
 
実際に僕も現在10月。手帳デビューには中途半端な時期ですが、付属レビューにて本日から使い始めてみました。
 
 
 
 
 
2018年リフィル


 

2018年のリフィルはマルマンのモノにしようと思ってます。購入済み。
月別のインデックスが元々付いているので便利かなと思い決めました。
 


 
 
 

手帳の使いやすさ

バイブルサイズって自分の中では中途半端なサイズ感が嫌いだったんです。
特に厚みが、しかしこの ロロマクラシックは厚すぎず薄すぎず程よい厚み。
この厚みだとサイズ感は全く気にならなかったですね。
 
今までファイロファクスやイルビゾンテのシステム手帳を使った時期がありますが、あまりしっくりこなかったんです。それはそもそも厚みの問題だったのだと改めて感じました。
 
ロロマクラシックに関しては、サイズ感だけでなく、革質の良さも、かなり気に入ってます。
 
イルビゾンテの革質は好きですが手帳として使うには柔らかすぎるというのが、自分的にはネックでした。(デスク用 限定ならいいかも。)
一方ロロマクラシックは中にちゃんと芯が入っているのでデスクに限らず、立って手帳を手に持っている状態でも書きやすかったです。
 
また他の手帳よりも開いた状態がフラットです。
それによって、より書きやすく作り込まれています。
本当にただの革製バインダーではなく、手帳として考えられた作りを実感出来ます。
 
 
革製品の醍醐味でもある経年変化(エイジング)も楽しめる革質です。
現状全く不満がなく、使い勝手がものすごく良いという利点しかありません。
ロロマクラシックがメイン手帳に選ばれて色も揃えている方もいますが、気持ちは分かります。
これを超える手帳はそうそう無いと思います。

それでは 今回はこれで。

今後とも『mono-log』を宜しくお願いいたします。