ギターをあげた話

f:id:Morning-Glory:20180531152746p:image

 

 

ベストな形でミニマリスト活動が出来た。

 
 
ここ半年ちょいの付き合いの仕事仲間
がいて、会話の中で何気に音楽の話になった。
 
現在ドラムをしていて、最近ギターを始めたいと思っているらしい。
 
「最初はこのくらいのがいいよー。」とか、「中古でもいいんじゃない?」ってアドバイスをしてたんだが、そいえば売りに行こうと思って忘れてるギターがあることを思い出した。
 

そもそもなぜ買ったんだっけ

数年前に頼まれて会社の忘年会の出し物として「ジョンレノン」の曲を演奏するために買ったはず。

もちろんその日以来、弾いていない。
 
他に使い道がなく眠らせていた。


そもそも1本あればいい

ギターは思い入れのあるエレキギターが1本あるので、アコギは必要ないなーと思いつつ、元々が安いものなので売りに行っても 大したお金にはならないのもわかっていたし、何よりそれだけを持っていくのも怠かった。
 
待たされた挙句「100円で買取します」とか言われるのもだるいし、他に売るものが今のところないから、何か売るついでに持っていくという事もできなかった。


欲しい人にあげるってベストな形で手放せた。

 
コッチはいつか捨てなきゃのモヤモヤが無くなった上に感謝までされる。

手放そうと思ったモノを使ってもらうのだから、こちらもありがたい。
 
これ以上ベストな取引は他になかっただろう。


最終的には、本日お返しとして、 愛してやまない「コーラ数本」と「きつねうどん」をいただき、かえって得したような気分になってしまった。