BAG camera PORTER・PorterClassic

ポーターのカメラバッグにライカQを入れて使う

この記事は約3分で読めます。

カメラバッグを紹介していないことに気づいたので紹介します。

カメラバッグは、選ぶのが難しいのでポーターのカメラバッグを検討している方は一読あれ。

ポーターカメラバッグ

ポーターの出しているカメラバッグは、何種類かあるとは思いますが、実際にそこそこの大きさのカメラを入れて使えそうなモノはと言うと、このタイプかNikonとのコラボバッグしかないように思います。

Nikonコラボも良さそうではありますが、Nikonのカメラを1台も持っていないので、なんとなく避けてしまい、このタイプにしたような記憶があります。

では早速、画像と解説を。

正面

こんな感じです。

ポーターのカメラバッグ 迷彩(カモフラ)柄

正面から見ると分かるように、手前に2つ小さなポケットが見えますがココは使っていません。

理由としては出し入れがしづらいから、入れるものがないからと言ったところですね。

 

その上? ジッパーの付いている部分のポケットですが、ココには財布を入れています。

撮影しに行くところが、田舎だったり山だったり川だったりで下手するとコンビニすらなかったりするんですよね。

ICなしの自動販売機か小さな商店のみって場所も多いんです。

そんな時に命を守るのは現金なんで、いくらアップルウォッチはめていても無駄ですね。

 

続いて上から見たらこんな感じです。

上から

ポーターのカメラバッグ 迷彩(カモフラ)柄

 

中はこんな感じです。

一応2つ仕切りが付いていますが1つしか使っていないですね。

ライカQだと替えレンズもないので、バッテリーの充電器までは入れています。

ポーターのカメラバッグ 迷彩(カモフラ)柄

 

 

カメラを入れているメイン部分の蓋の裏側もこんな感じで、ポケットが付いています。

ここには、バッテリーなどの備品を突っ込んでいます。

ポーターのカメラバッグ 迷彩(カモフラ)柄

 

中身

というわけで入れてみるとこんな感じです。

ポーターのカメラバッグ 迷彩(カモフラ)柄

ライカQのようなコンデジタイプだと2台くらい入りそうな広さですね。

 

一眼レフであれば本体と標準レンズ・単焦点で2本くらいまでイケそうなサイズ感です。

カメラバッグって必要量でも変わりますし車移動ならなくても良いような気もしますし、どっちみち望遠レンズとかになってくるとこんなサイズでは厳しいですよね。 重いのでバックパック(リュック)の方が良いですしね。

まぁとにかくコンパクトな装備の方にお勧めのカメラバッグです。

 

 

 

 

スポンサーリンク
シェアする
kohtaurakamiをフォローする
ハックルベリーに会いに行く
タイトルとURLをコピーしました