camera LeicaQ photo ミニチュアシュナウザー

ライカQで愛犬ミニチュアシュナウザーを撮影。

この記事は約3分で読めます。

今回はインスタやTwitterにもアップしたシリーズです。

同じなのか違うのか自分でもわからず、確認もせずにブログを書き始めましたが、まぁたぶん同じでしょう。

それでは、

ライカQで愛犬『あんみつちゃん』『パン君』を撮影。

ということで、今回は50枚〜70枚くらい撮ったと思います。

そのうち、数枚はまぁそこそこ満足なのが撮れたという感じですね。

今回は全て撮って出しの写真です。

それでは1枚目。


ライカQで撮影したミニチュアシュナウザー

↑ 1枚目はコレです。愛犬『あんみつちゃん』です。

まぁなんとなく立った状態で撮影しておりますが、ちょっとイマイチ ピントが甘いような気もしますね。

1枚目はお気に入りではないですが、流れ的に上げてみました。

続いて2枚目

ライカQで撮影したミニチュアシュナウザー

↑ 2枚目は構図的には、撮影しながら決めていった感じですね。

立って1枚目を撮影しているときに、『パン君』がソファをよじ登ってきたので、撮影したのですが、コレは結構お気に入りな写真が撮れました。

遠近感を感じられるボケ感や、『パン君』と呼びながら撮影していて、遠目の『あんみつちゃん』の寂しげな感じまで読み取れそうな良い写真です。

しいて言えば、オレンジ色のトイレが。。

3枚目です。

ライカQで撮影したミニチュアシュナウザー

↑ 3枚目の写真は『あんみつちゃん』ソロです。

珍しく目ん玉が写っててかわいいですね。

耳をブラッシングしてから撮れば100点でしたね。 『あとあんみつちゃん』は椅子の上で座ってくれないので、要しつけですかね。

4枚目

ライカQで撮影したミニチュアシュナウザー

↑ 4枚目はコレ。

ピントがあんみつちゃん寄りだった為、パン君は目ん玉見えづらい。

元々写りづらいのでパン君寄りにいくか、もう少しF値上げてもよかったですかね。

続いて5枚目

ライカQで撮影したミニチュアシュナウザー

↑ 5枚目です。

『パン君』ソロです。

本当に撮りたいのは、こんな感じのコントラスト、シャープネス強め、暗め。

スゴい好きな彩度なんですが、技術が追いつかず目が黒潰れしてしまってますね。

それでも、色味が好きなので写真としてはきにいっています。

6枚目

ライカQで撮影したミニチュアシュナウザー

↑ 6枚目。ラストの写真です。

二人羽織みたいな感じにも見えなくはないですが。

やっぱりこのくらいの色目が好きですね。

まとめ

被写体が生き物だと、どうしても瞬間の勝負なんですよね。

マニュアルでいけば、もう少し目にピントいけたんですけど、ライカQのAFだとこんなもんですかね。 慣れればAFでも もう少し当てられるかな。

インスタで良く見る、ガッチリ躾されたワンちゃん達と違い、野性味溢れる うちの愛犬たちは暴れまわって大変なのです。

言い訳できる部分をチラつかせておきます。

そんなこんなもあるので、人の評価より高めと言うか、甘めの自己評価となっておりますが、日に日に言葉が通じるようになっていく愛犬たちを今後もバンバン撮っていきたいと思います。

スポンサーリンク
シェアする
kohtaurakamiをフォローする
ハックルベリーに会いに行く
タイトルとURLをコピーしました