Fuji Feather 自転車

フジフェザーcx+にオルトリーブ バックローラークラシックを装備

この記事は約3分で読めます。

バイクパッキング

毎回 しまなみ海道など、1日100kmくらい走る際には バックパックで行くのですが、体力よりも、足よりも、先に悲鳴を上げるのは肩。(荷物持ちすぎ)

そんな経験から、バックパックスタイルは もうやめようと思っていたのですがダボ穴の問題などもあり、今まで諦めていましたが。

フジフェザーに乗るならバイクパッキングしたいと思っていて、いろいろとググっていたわけです。

 

結果

「遠出するならコレだな」

と考えていたのはラックレススタイル(キャリアなどを使わないスタイル)でした。

これだったら、むしろコレなら今までのリーダーバイクでも着けれたけど。。

まぁ今までバイクパッキングの知識がなかったので。

 

ラックレス

↓ 画像は【R250】ですが、欲しかったのは【アピドュラ】のモノで『サドルバッグ』やフレームバッグで今っぽく格好良くバイクパッキングしたいなと思っていたんです。

↓ グランピーさんのアピデュラ装着画像を拝借しましたが、カッコいいですね。

f:id:Morning-Glory:20190308145853p:plain
https://www.grumpy.jp/?p=39343

ただ、使い勝手をイメージしてると、カッコは良いけど荷物の出し入れが面倒くさそうだなと感じるようになってきまして。

例えば、ホテルについて全部の荷物を出す時は時間もあるし特に問題ないと思いますが、走行中に雨が降ってきてレインウェアを取り出したり、暑くなってアウターを締まったりとか道中での使い勝手を考えると面倒なきがしまして。

あとは物量的に結構限られるのかなという不安も多少ありますね。

リアキャリア

じゃあ、せっかくダボ穴も付いているバイクに乗るんだから、リアキャリアにパニアバッグっていうスタイルでも良いかなと思ったわけですね。

キャリアを装着するとキャリア用バッグも必要なわけでして、【オルトリーブ】の『バックローラークラシック』が防水だし 安くて良さそうだったので決めました。

黒も面白くないかなと、赤をチョイス。

f:id:Morning-Glory:20190310152834j:image

『バックローラーシティ』の方が更に安くてそっちにすべきだったか。と思いつつも買ってしまったから仕方ない。お気に入りです。

コレだと必要なモノもすぐ取り出せるし重さもそこまで気にしなくて良いので、持ち運びたいモノが全て収まります。

自転車で旅すると言っても、一泊二日程度なので充分すぎる装備ですね。

まぁ大は小を兼ねる的な感じで選びました。

一応クラシックとシティ共にリンク貼っておきます。

次はサドルを変える予定ですか、ブルックスも良いけどアレが気に入りましたね-。乞うご期待。
それでは 今回はこれで。
今後ともブログ
『ハックルベリーに会いに行く』
を宜しくお願いいたします。
スポンサーリンク
シェアする
Morning-Gloryをフォローする
ハックルベリーに会いに行く
タイトルとURLをコピーしました